相続放棄の注意点

1.申述期間

相続放棄をするには、各相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければなりません。

家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となります。


この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされます

ただし、相続人が、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には、申立てにより、家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。

 

2.財産の処分等

相続放棄の申述前、亡くなった方の財産を処分・使用してしまうと、単純承認したものとみなされ、相続放棄できない可能性があります。

 

3.相続人での話し合い(遺産分割協議)ではダメ

遺産分割協議で、特定の相続人が借金を負担しないことを取り決めたとしても、貸主に対しては、借金を相続していないことを主張できません。

借金から免れるためには、相続放棄が必要です

無料相談/お見積り

お問合わせは free3.gif 0120-670-678 まで。
電話受付 : 平日 10時〜18時
土日、祝日及び時間外でも対応いたしますので、ご
希望の方は、

電話またはメール(お問合わせフォーム)よりあらかじめご連絡ください。
「お問合せフォーム」からは24時間受付しております。
   →お問合せフォームはこちらから