生前贈与/名義変更(登記)

不動産を生前贈与で譲り受けた時、単に受贈しただけでは(贈与契約しただけでは)、第三者に対して権利を主張できません

よって、受贈した不動産を売買することや担保を設定することもできません。


第三者に対して受贈不動産の権利を得たと主張するためには、
登記による名義変更が必要
となります。


なお、生前贈与は当事者間の合意で権利は移転しますし、登記も義務ではありません。

登記をしていなければ、上記不都合が生じるだけです。

 

当司法書士事務所では、贈与契約書の作成、不動産の名義変更登記に至るまでの全てをサポートいたします。

無料相談/お見積り

お問合わせは free3.gif 0120-670-678 まで。
電話受付 : 平日 10時〜18時
土日、祝日及び時間外でも対応いたしますので、ご
希望の方は、

電話またはメール(お問合わせフォーム)よりあらかじめご連絡ください。
「お問合せフォーム」からは24時間受付しております。
   →お問合せフォームはこちらから