遺言の種類/メリット・デメリット

 

  自筆証書遺言 公正証書遺言

遺言者が自分で書いた遺言

ワープロ書きは不可で、内容の全文、日付および氏名すべてを自筆し、押印しなければいけません

公正証書によってする遺言

公正証書とは公証人が権利義務に関する事実について作成した証書のことをいいます

・費用が掛からない

・遺言内容の秘密が確保できる

・遺言したこと自体を秘密にできる

公証人が作成するので、無効な遺言書となること、変造されることが少ない

・ 開封時の家庭裁判所の検認が不要·遺産分割協議が不要

・公証人役場に原本が保管されているので、正本、謄本を紛失しても再発行請求ができる

・遺言の要件を満たしていないと無効な遺言となる可能性がある 

・遺言者にとっては遺言内容の実現が不確実(紛失、隠匿、変造の可能性がある)

・開封時、家庭裁判所にて検認が必要
(検認を経ないで遺言を執行すると5万円以下の過料に処せられる

・費用が掛かる(公証人手数料

・遺言の存在と内容を秘密にできない(公証人と2人の証人に知られる

 

主に上記2つが一般的ですが、他にも「秘密証書遺言」という遺言もあります。

秘密証書遺言は、遺言の存在は秘密にできないが、遺言の内容は秘密にできます。

無料相談/お見積り

お問合わせは free3.gif 0120-670-678 まで。
電話受付 : 平日 10時〜18時
土日、祝日及び時間外でも対応いたしますので、ご
希望の方は、

電話またはメール(お問合わせフォーム)よりあらかじめご連絡ください。
「お問合せフォーム」からは24時間受付しております。
   →お問合せフォームはこちらから