特別代理人の選任

親権者である父又は母が、その子との間でお互いに利益が相反する行為(利益相反行為)をするには、子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりません。

同一の親権に服する子の間で利益が相反する行為についても同様です。


利益相反行為とは、例えば、父が死亡した場合に、共同相続人である母と未成年の子が行う遺産分割協議など、未成年者とその法定代理人の間で利害関係が衝突する行為のことです。

 

当司法書士事務所では、家庭裁判所への特別代理人選任申立書の作成、関係書類の収集をサポートいたします。 

 

 ⇒≪特別代理人選任申立書作成費用≫

無料相談/お見積り

お問合わせは free3.gif 0120-670-678 まで。
電話受付 : 平日 10時〜18時
土日、祝日及び時間外でも対応いたしますので、ご
希望の方は、

電話またはメール(お問合わせフォーム)よりあらかじめご連絡ください。
「お問合せフォーム」からは24時間受付しております。
   →お問合せフォームはこちらから