≪司法書士板垣隼事務所≫
 ・相続、遺言、遺産分割
 ・株式会社、合同会社設立
 ・多重債務、借金返済
お気軽にご相談ください!
(相談無料)
 
[1]トップページ
[2]業務案内
[3]事務所紹介
[4]お問合せ
[5]無料相談:フリーダイヤル

メニュー:相続放棄
[#]次へ
相続するかの選択

相続が開始した場合,相続人は次の3つのうちのいずれかを選択できます。

  

1.相続人が被相続人(亡くなった人)の土地の所有権等の権利や借金等の
  義務をすべて受け継ぐ単純承認

2.相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄

3.被相続人の債務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もあ
  る場合等に,相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務
  の負担を受け継ぐ限定承認



相続放棄とは

相続放棄とは上記のとおり、
被相続人の財産を放棄し、一切の財産を相続しない方法です。

 

相続により取得する財産は、プラスの財産(不動産・預貯金等)だけではありません。マイナスの財産(借金)も含まれます

 
被相続人の遺産よりも借金の方が多い場合などには、相続を放棄することができます。

 

当司法書士・行政書士事務所では、戸籍謄本の収集、相続放棄申述書の作成、その他手続きの全てをサポートいたします。

 

 ⇒≪相続放棄申述書作成費用≫



相続放棄の注意点

1.申述期間

相続放棄をするには、各相続人が、「自分が相続人になったことを知った時から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければなりません。

家庭裁判所に認められれば、「相続放棄陳述受理証明書」が交付され、この証明書が相続放棄をした証明となります。


この期間内に申述しなかった場合は、単純承認したものとみなされます

ただし、相続人が、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には、申立てにより、家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。

 

2.財産の処分等

相続放棄の申述前、亡くなった方の財産を処分・使用してしまうと、単純承認したものとみなされ、相続放棄できない可能性があります。

 

3.相続人での話し合い(遺産分割協議)ではダメ

遺産分割協議で、特定の相続人が借金を負担しないことを取り決めたとしても、貸主に対しては、借金を相続していないことを主張できません。

借金から免れるためには、相続放棄が必要です



[#]次へ

≪無料相談/お見積り≫ 

お問合わせは
free2-thumbnail2.gifフリーダイヤル
0120−670−678
まで。

電話受付:平日9時〜20時

土日、祝日及び時間外でも対応いたします!
希望の方は、
電話またはメール(お問合わせフォーム)よりあらかじめご連絡ください。

「お問合せフォーム」からは24時間受付しております。
  ⇒
お問合せフォーム


司法書士 板垣隼 事務所
〒102-0074
東京都千代田区九段南3丁目3番18号
アシスト九段ビル3階
(千鳥ヶ淵総合事務所内)
市ヶ谷駅、半蔵門駅近く
TEL : 03-3222-6331
FAX : 03-3222-6332


▲上へ
千代田区の司法書士 板垣隼事務所(市ヶ谷/半蔵門)トップページ